ちょっとした工夫で効果アップ! イベント集客につなげるワンテクニック

2019/4/22

 

気温の寒暖差が激しい今日この頃。

イベント現場での気候によりお客様の足取りが変わってくるので、

気候が安定しないこの季節はお客様の足止めのための工夫が必須になっています。

たとえば、外で実施するイベントの場合は、

寒さ対策として簡易ヒーターを設置したり、

カイロなどのあったかグッズをノベルティとしてお配りしたりしています。

当たり前のような工夫ですが、意外と効果があるものですよ。

今日は、すぐにできる!ちょっとした工夫だけでイベント時の集客効果があった事例をご紹介したいと思います。

 

 

【イベント準備段階でのワンポイントテクニック】

■POP編

イベントといえば、必ず作成するのがPOPですよね。

イベント概要を伝えるものから、目玉商品など、様々な種類のPOPが思い浮かびます。

POP作りの際にポイントとなるワンテクニックが、

 

「限定感」を出すことです。

 

たとえば、イベント概要を伝えるPOP、こちらの2つを見比べてみてください。

 

 

左と右のPOPは概要自体は同じですが、右のPOPには至る所に限定感を演出するワードを入れています。

「誰でも」「いつでも」「どこでも」参加できるものとなってしまうと、お客さまの心理としては、「また今度でいいや」となりがちです。しかし、限定的なものであると、自分がその条件に当てはまっていることに気づき、イベントを「自分ごと化」することができます。

 

実際に以前に行ったイベントで、今までは「誰でも参加OK」と記載していたPOPを

「レシート持参で参加」に変更して訴求しました。

 

 

レシート持参を条件にすることで、イベントスタッフもお客様がイベントに参加する理由付けになり、お客様にとっても、自身が条件に該当するということから自然な流れで参加していただけるようになりました。

 

POPのもうひとつのワンテクニックは、

イベント実施場所により前面に出すPOPの内容を変更することがポイントです。

 

以前、大阪の繁華街でのイベントがあった際に、通行人は多いのにイベントに参加してくれる人、それ以前に立ち止まってくれる人が少ないということが課題でした。繁華街ということもありお客様の足取りは速く、お声掛けしても通り過ぎていくお客様が多いという状況に苦戦していました。

 

そのときに前面に出していたPOPが「イベント開催中」のPOPでした。

もちろん、「期間限定」などといった限定感を出す言葉も入れてイベント訴求をしていましたが、どうにも立ち止まってくださるお客様がいらっしゃいませんでした。

 

そこで、「イベント開催中」のPOPを前面に出すのではなく、目玉商品を前面にそして、価格も大きく打ち出したPOPを店頭の一番目立つ場所に設置しました。

こちらも、「大特価」という形で限定感を出し、さらにカウントダウン形式で期間限定要素も入れました。

 

すると、お声掛けせずともお客様の方から興味を持ち、スタッフに尋ねてきてくれるようになりました。

こちらの繁華街は海外のお客様も多かったことから、

海外のお客様に人気の商品とその価格を前面に出すことで、お客様の興味を引く事ができました。

 

今までイベントを行ってきた経験から、

場所別のお客様に響きやすいPOPはこちらです!

 

ショッピングモール:他社の料金と比較できるPOP

→ショッピングモールには同業他社が入っているケースが多く、

お客様は同等の商品が他社よりも安く手に入るとなると、

やはり安い方に興味が沸きます。

 

商店街:大特価の料金訴求

商店街のお客様は足取りが早いお客様が多く、そんなお客様でも

ぱっと目に入る数字で足止めするのが効果的です。

 

個店舗:イベント開催中POP

→普段個店舗を利用するお客様はその店舗に目的があって

来ているお客様ばかり。

普段来ているお客様にとっては「いつもと違う特別感」を、

普段来ないお客様には「イベントをやっているなら行ってみようかな」という

イベントをフックに来店の理由を与えます。

 

限定感の演出と場所別にメイン訴求するPOPを工夫して集客アップに

繋げてみてください!

 

■ノベルティ(景品)

イベントへの誘引策として効果的なのが、ノベルティですよね。参加するだけでもらえるノベルティもあれば、ご成約やご購入でもらえるちょっと豪華なノベルティまで様々な種類がありますよね。

今回は、参加するだけでもらえるイベント誘引のためのノベルティのワンテクニックをお伝えします。

 

参加するだけでもらえるノベルティにお客様は豪華なものを期待するかと言われれば、

答えはNOです。

 

正直なところ、少し豪華なものをもらえるとなるともちろん嬉しいですが、

そのノベルティがもらえるからイベントに参加しようとはなりにくいもの。

 

そうなると、イベントの参加誘引のノベルティとしてポイントとなる点は、

見た目に大きい&イベントブースの装飾になるという点です!

 

上記をふまえてのノベルティのワンテクニックは、

高さのあるノベルティを選ぶことです!

 

ご通行中のお客様か見て、高さのないノベルティはほとんど見えていません。

たとえば、ノートを並べたとしてもこのように平面なので、存在感がありません。

 

 

しかし、同じ数のボックスティッシュだったらどうでしょうか?

 

高さがある分、遠くからでも認識することができます。

また、箱型で積み重ねることができるので、積み方次第でイベント感を演出することができます。

イベントブースは存在感があってなんぼなので、いかに目立たせるかが重要ですよね。

イベント装飾といえば、POPやバルーンアーチや風船などがメジャーですが、

使い方によってはノベルティもイベント装飾に一役買うことができるんです!

 

実際に、イベント現場ではノベルティの掲載の仕方に力を入れているんですよ

ピラミッド型に組み立ててみたり、互い違いに組み合わせたり・・・

狭いスペースでも高さを出すことで存在感をアップさせたり・・・

タワー上に組み上げてみたり・・・

 

高さがあるだけで視認性が一気に高まります。

 

高さを出しやすく積み上げやすいノベルティとしてお勧めアイテムが、

  • ボックスティッシュ
  • トイレットペーパー
  • タンブラー
  • ランチボックス

などです

 

ぜひ、高さの出るアイテムを発掘し、独自の積み上げ方を開発してみてください!

 

 

■会場展開編

イベント時にチェックする重要な要素として欠かせないポイントは、会場のレイアウトですよね。

特にイベントブースでイベントする際には、どこに集客ツールを設置して、誰を配置して、

商談スペースはいくつ用意するか、、、

また、前述したようにどのPOPを前面に出して、景品をどのように並べるかなど、

イベント成功に導くための肝となる部分です。

 

そこで、意識しないといけないことが、お客様の導線です。

特に会場が広ければ広いほど、綿密な計算が必要になってきます。

 

導線作りのワンテクニックは、

導線をひとつに絞るということです。

 

以前行ったイベントでは、ショッピングモールのブリッジを借りてのイベントでした。

しかも目の前にはエスカレーターがあり、右からも左からも前からもお客様がやってくるという場所でした。

 

その時は、四方八方からくるお客様を逃すまいと、すべての方向からイベントの呼び込みを行い、

導線を意識せずにただただいらっしゃったお客様を誘引するという流れで行っていました。

 

結果的には、導線を作らずイベント誘引をしていたので、人員が集客ツールまでの誘導に割かれて

あらかじめ決めていたオペレーションが崩れてしまいました。

そして、集客ツール周辺に人だかりができ、その対応に追われることとなってしまいました。

お客様も集客ツール周辺に集まっている状態だったため、列を成すこともなく、順次お客様対応に追われていました。

着座誘引までつなげることができず、取りこぼしもあったという状態でした。

 

次回は、同じようにブリッジでのイベントでしたが、導線を一方向にしぼり、イベント参加からイベントブースを離れるまで、流れるようにお客様誘導を行いました。

すると、集客ツールの対応に追われて終わってしまうことなく、

さらに、お客様の列を作ることを意識したので、列を見てお声掛けせずともお客様が他のお客様に続いて

並んでくださるという嬉しい出来事が!

 

お客様整理に人員を割かれなかった分、着座接客にうまく誘導ができました。

 

POP編でも述べましたが、ショッピングモールだったため、

他社との料金が比較できるPOPを設置していました。

導線上にそのPOPを設置し、POP周りに一人人員を配置することで、

POPを見て興味のあるお客様を逃さずにイベント誘引できました。

 

イベントをする際は、あっちのお客様も!こっちのお客様も!と

欲張らずに、潔く導線をひとつに絞ることでスムーズにイベント誘引ができるので、

ぜひ試してみてください。

 

 

■お声掛け編

イベント誘引をする際にまず行うことはお声掛け!

このお声掛け、単に大きな声で呼びかけをすると思ったら大間違い。

呼び込みをしてもなかなか足止めにならず苦戦した

なんていう経験をした方も多いのではないでしょうか。

 

そんなお声掛けの際のワンポイントは、

道具+お声掛けをするということです。

 

特にこの方法は、イベント初心者には持ってこいの方法です。

 

単純に「イベントやっています!」「参加していきませんか」とお声掛けするだけでは、

ご通行のお客様は自分に向けられた言葉だと認識できずに通りすぎでしまいます。

 

そこで、武器として使うのが道具です!

この道具というのはお客様の次の行動を促す道具です。

 

具体的なものでいうと、

◎抽選箱

◎お菓子のつかみ取りボックス

◎スクラッチ用のコイン

などです。

 

たとえば、抽選箱なら、

「こんにちは!こちらに手を入れていただくだけで結構です!」

と、お客様の前に抽選箱を差し出しながらお声掛けします。

 

目の前に抽選箱を差し出されたら、引かずにはいられないですよね。

 

このように、お客様が行動しやすいものを武器として持って

すぐに行動をしていただくということがポイントになります。

 

実際にイベント現場では抽選箱での誘引は成功率が高いです。

 

イベントのお声掛けに慣れていなくて、トークだけの誘引に自信がない方でも

すぐに始められるワンテクニックです!

 

皆様も、実践しやすいワンテクニックから取り入れていただき、

集客効果アップを目指してみてください!