1. ホーム
  2. ブログ
  3. デジタルソリューション
  4. 「クラモニ」なら、AIカメラの顔認証で来店者分析。デジタルサイネージを最適活用。

「クラモニ」なら、AIカメラの顔認証で来店者分析。デジタルサイネージを最適活用。

2020.08.18

「クラモニ」なら、AIカメラの顔認証で来店者分析。デジタルサイネージを最適活用。

企業のマーケティングツールとして「顔認識」が注目を集めています。年齢や性別など、人にあわせたインタラクティブな来店者分析やプロモーションが行えるからです。

AIカメラを利用した顔認証は近年、身近なソフトウェアになりつつあるため、これから活用する企業もさら増えてきそうです。

 

おすすめはこちら! 

 

 

【目次】

 1.AIってどういう意味?

 2.最もポピュラーなAI「顔認証」

 3.「クラモニ」インタラクティブ3つの特長

 4.最新の技術を搭載!クラモニAIカメラ

 

 


AIってどういう意味?

分かったように話すAIという言葉、でもAI(人工知能)の定義は、専門家の間でもまだ定まっていないのが現状です。

一般的には「コンピュータによって実現する知的な活動」とか「言葉の理解や問題解決など人の知的な振る舞いを模倣するコンピュータシステム」などと言われています。

 

 


 


最もポピュラーなAIカメラ「顔認証」

顔認証は、人間が相手を判別する手段をシステムで再現したもので、スマートフォンのセキュリティなどにも広く活用されています。

今回は、そうした顔認証をマーケティングに活かす手段として、店頭モニターを使ったツール「クラモニ インタラクティブ」をご紹介します。

デジタルサイネージと組み合わせて、とても導入しやすく、有益なシステムなので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

クラモニ・えんかくさんの社長によるご紹介動画

5分の映像でわかる!クラモニインタラクティブ

・「AIカメラで情報の切り替え」実演 ・「クラモニスイッチ」実演


 


「クラモニ」インタラクティブ3つの特長

以前ご紹介した「クラモニ」ベーシックで提供しているSTBにAIカメラやボタンをつけて、配信映像の最適化や来店者分析を可能にするものです。

 

その特長は大きく3つあります。

 

特長① 1秒で判断するAIカメラ

たくさんのお客様が来店する店舗では、顔認証に時間をかけていると効果が半減してしまいます。

クラモニAIカメラなら、お客様の性別と年代を1秒以内に判別できるので、より多くのお客様を認識、デジタルサイネージでの放映コンテンツの最適化、データ化することができます。

 

 

セッティングもかんたん!クラモニSTBにAIカメラのUSBケーブルをつなぐだけなので、どなたでもすぐに「クラモニ」インタラクティブの運用を始められます。

 

「クラモニ」インタラクティブはお客様の属性を判別したら、性別/年代に合わせた映像に切り替えることができます。年代は10年ごとに細かく設定可能で、設定も配信システムで簡単に登録できるようになっています。

 

 

またクラモニAIカメラで撮影した情報は下記のテキスト情報でのみ記録され、お客様の顔などの個人情報は残さない仕組みになっているのでセキュアな運用が可能になります。

 

特長② 来店者を分析

クラモニAIカメラで認識した来店者の情報は蓄積されていき、管理ソフトからいつでもCSVデータとして取り出すことができます

時間別、曜日別、性別、年齢などでソートをかければ、様々な場面での店舗への来店状況を集計して、見ることができます。

そうしたデータの活用例を見てみましょう。

最初の分析例は、2件の店舗に同じ新製品を導入した例です。

A店とB店の来客数をAIカメラが認識、データを蓄積します。

そのデータをグラフ化すると、常にA店の方が、新製品に接する人が2割多いことが分かります。

この結果を見て、来月のイベントはA店の数を増やすなど、販促費用の最適化・効率化につなぐことができます。

 

 

二つ目の分析例は、販売スタッフのシフトを、時間ごとの来店者数から検討するものです。

商戦期は大きなチャンスもありますが、チャンスロスや、無駄も発生しがちです。

蓄積された来店数データから、土日の来店数を抽出、時間ごとにグラフ化すると、14時以降来店者が増える傾向にあることが分かり、この時間帯に販売スタッフを増員する、というエビデンスになりました。

 

 

このように今まで経験則に頼っていたことを、データ化することで、より費用投資の決断も迅速に、正確に行えるようになります。

 

特長③ ボタンをつけて映像切り替え

クラモニ「インタラクティブ」では、押すと映像やスライドが切り替わるクラモニスイッチもご用意しています。

 

 

こちらもAIカメラと同様、USBケーブルでつなぐだけすぐに運用可能です。

例えば、タイムセール等のイベント時に、通常放映していたループ動画から、ボタンを押してタイムセール映像に切り替えることができます。

 

 

また、ご接客中に、販売員様がボタンを押して、最適な資料を表示するなど、有人イベントで使いやすいツールです。

ボタンを押した回数もデータとして蓄積されるので、使用頻度の多い内容、コンテンツが分かります。

 

 

 


 


最新の技術を搭載!クラモニAIカメラ

これまでご紹介してきた顔認証や、データ蓄積の礎となるのがAIカメラの性能の高さです。

クラモニAIカメラは、ディープラーニングによって生成されたアルゴリズムによってお客様の性別/年代を判断します。顔認証技術の精度は年々向上しており、クラモニでは最新の技術が採用されています。

 

また顔認証は、お客様とカメラの距離が遠くなるほど認識の精度は落ちますが、およそ3m前後は認識します。(お客様が静止されているかなどの条件によっても精度は変わります。)

複数のお客様が来られた場合、最大5名まで認識し、コンテンツの放映は最初に判別したお客様の属性に沿うことになります。

今後のご家族やカップルなどへの対応もアップデート対応の検討を進めています。

 

デジタルサイネージと組み合わせてAIや顔認証など高度な技術を使いやすく、ビジネスに活用いただけるように。

クラモニは常に進化を続けていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

詳しい内容はこちら!

 


お問合せは下記まで
「うりばラボ」サポートセンター TEL: 06-6358-3301
受付時間:平日 午前10時00分~午後6時00分

※土曜・日曜・祝日、および夏季休暇期間(8/8~8/16)は、翌営業日以降のご対応となります。

おすすめの記事