わたがしアート

カラフルなわたがしがイベントを彩り、 イベント 集客力 アップ!

 

イベント 集客力 アップに最適な、色鮮やかでかわいいわたがしアート

価格・仕様

Price Spec

¥270,000-

■機材、材料代含む
■現場ディレクター1名、綿菓子調理スタッフ2名含む
■稼動時間
約6時間
■交通費
価格に含む(遠方時、要相談)

お問い合わせ

TEL: 06-6358-3301

「うりばラボ」サポートセンター

担当者:伊賀、龍

受付時間:平日 午前10時00分~午後6時00分
※土曜・日曜・祝日、および夏季休暇期間(8/10~8/18)は、翌営業日以降のご対応となります。

※当サイトは、少人数で窓口対応を行っている関係上、広告代理店様等、各種仲介会社様からのお問い合わせはお受けしておりません。誠に申し訳ございません。

機能

Function
  • カラフルなわたがしアート

    昔ながらのお菓子「わたがし」がカラフルなアートになって登場しました。ピンク、黄色、水色などのかわいいわたがしがイベントを彩ります。また、お花や動物などの形も作れるため、お子様にも大人気です。カラフルなわたがしがファンタジックな空間を作り出し、通行人のアイキャッチになること間違いなしです。

  • イベント場所の確保が容易

    わたがしメーカーが1台あるだけで、わたがしアートを用いたイベントが可能です。イベントブース等の広々としたスペースが無くても、わたがしメーカーが置けるスペースがあれば、イベント開催可能です。わたがしメーカーはコンパクトサイズですので、広いスペースが確保できる場合は、数台設置することも可能です。

効果

Benefit
  • 店頭での集客に効果的

    カラフルでかわいらしいわたがしの見た目の目新しさから、店頭で目立つこと間違いなしです。特大わたがしを作ったり、動物やお花の形も作ったりすることも可能です。変幻自在なわたがしに惹かれたお客様が、イベントに足を運ぶことが期待できます。

  • ファミリーの集客に効果的

    わたがしを作っている様子に、お子様が夢中になっている間に、親御様への有効接客が可能です。また、わたがしは、親御様にも馴染みのある「懐かしのお菓子」であるため、お子様だけでなく、親御様にもカラフルなわたがしの目新しさを楽しんでいただけます。

コラム

Column

色がもたらす集客効果

色を効果的に使用することは、イベントでの集客に繋がります。色が持つ集客効果をご紹介します。
・誘引効果
色を使用することで、遠くからでもお客様の目に触れることが期待されます。街中で目を惹く広告には、色が効果的に用いられていることが多くあります。一般的に、赤、黄、橙のような暖色系は、目立ちやすい色と言われています。よって、店頭でのイベントで意識的に暖色系を用いると、通行しているお客様の目に留まりやすくなります。まずは、イベントの存在を認知してもらうためにも、目立つことが必要になります。
・季節感の演出
四季の移り変わりがはっきりしている日本では、季節感を大切にする文化があります。季節限定イベントなどの際は季節感の演出が、イベントを盛り上げる重要な要素になります。日本人は色から四季を連想することが多くあります。一般的に季節のイメージカラーとして以下のような認識があるといわれています。
春:パステル調の淡い色。ピンクや緑が象徴的。
夏:鮮やかな色彩系。太陽を連想させる黄色や橙色、海や晴れやかな空を連想させる青など。
秋:深みのある暗色系。枯葉や土の色を連想させる、茶色が象徴的。
冬:灰色がかった中間色。白やシルバーで雪を連想させる。
これらの色を季節に合わせて効果的に使用することで、その季節ならではの雰囲気を演出することが可能になります。
このように、色には様々な集客効果があるので、ぜひ、多様な色を駆使してみてはいかがでしょうか。

わたがしブーム

わたがしは、1897年アメリカで発祥しました。今や日本でも縁日でおなじみのお菓子となり、「昔ながらの懐かしのお菓子」という印象の強いわたがしですが、現在、若者の間でブームとなっています。カラフルな色の大きなわたがしの専門店が登場しています。わたがしにドライフルーツをトッピングしているものもあり、見た目においても楽しめるお菓子に変化しています。また、わたがしの味も抹茶味やカカオ味など、今までになかった味も登場しています。カフェでは、わたがしをスイーツのトッピングに使ったりするメニューも発売されており、わたがしを砂糖代わりに溶かして飲むドリンクもあります。わたがしが今までとは少し違った形で登場してきています。その目新しさや、わたがしのふわふわした見た目が、若い女性の間で話題になっています。

食べ物を使ったアート作品

近年、食べ物を使ったアート作品が話題となっています。身近なもので言えば、キャラクター弁当も、食べ物を使った一種のアートです。この他にも、食べ物に顔を描き擬人化し、ストーリー仕立てにした作品があったり、トーストやクッキーを何枚も並べて、有名な人物を描いた作品があったりと、扱う食べ物も、アートのジャンルも幅広く、食べ物アートが展開されています。私たちでも真似できる簡単なものから、「職人技」とも言える繊細な技術が無ければ完成しないものまで、世界中には多くの食べ物アートが存在します。わたがしアートもその食べ物アートの一つです。大人も子どもも気軽に楽しむことができるわたがしアートで、イベントにいらっしゃるお客様を虜にしてみませんか。導入をお待ちしております。

関連商品

Related Products
  • キッズネイル

    ¥50,000-

  • バルーンアート

    ¥-