1. ホーム
  2. ブログ
  3. デジタルソリューション
  4. 1店2,000円/月のクラウド型サイネージシステム

1店2,000円/月のクラウド型サイネージシステム

2020.07.22

1店2,000円/月のクラウド型サイネージシステム

今回は店頭モニターを進化させる「クラモニ」についてです。

マーケティング担当者さんなら一度は経験があると思われるアノお悩みを解決する新手法についてお伝えしたいと思います!

「クラモニ」を使えば「レコメンド最適化」や「センシング分析」にも拡張が可能です。

そしてさらに!これからの店頭モニターに求められる「遠隔接客」についてもご紹介します!

感染症問題等で「遠隔接客」を導入検討されている方にもぜひおすすめしたい内容です。

 

低価格でAIセンシングから遠隔接客まで!「クラモニ」はこちらから

 

 


 

【目次】

 1.時代は映像マーケティング

 2.これからの店頭モニター

 3.拡張性が魅力の「クラモニ」

 4.これからは店頭モニターで「遠隔接客」

 5.人件費や業務量の削減に

 

 


 


時代は映像マーケティング

スマートフォンやタブレットが普及し、YoutubeやインスタグラムなどのSNSで動画を見ることが当たり前になりました。個人が持つデバイス以外にも、ビジョン広告ができる車両がますます増え、主要な駅構内や待ち合わせ場所、新しいビルやモールなどはサイネージモニターが多数搭載されています。マーケティング業界において、CMやプロモーション動画など、映像はとても重要な訴求ツールになっています。

 

あなたも担当の売り場に、店頭モニターや電子POPを導入された経験もあるのではないでしょうか?
店頭動画再生用タブレットや電子POPは数年前よりはるかに低価格になり、機能や音声などの品質もとても良くなりました。フレームが薄く、小さめでも美しく再生できるきれいな画質のものが増えて、汎用性が高まりました。店頭に動く画面と、耳に入りやすい音声や音楽があるだけで、視認性が高く、キャッチ力が高まる重要なアピールアイテムです。

 

でも、みなさん共通のお悩みが、コンテンツの更新方法です!!!
通信機能のない再生デバイス、テレビとDVDプレーヤーや、SDプレーヤー、メディアプレーヤーなどを設置した場合、そのディスク自体をさしかえる必要があります。

 

 

●従来のコンテンツ更新方法

 

 

マーケティング担当全員で店舗を回ってディスクを交換したり、プロモーターさんに依頼したり、売場担当者様に送付して交換してもらうなど、現場のオペレーションに手間も時間もかかります。

日ごろは自動再生している什器やデバイスの場合、操作方法も分からず、交換時に誤動作、不具合などが発生するリスクもあります。

人手不足で悩む企業も多い中、この手間は大きな障害となっています。
費用対効果を検討した際に、この手間やメンテナンスを考慮して、店頭モニターや電子POP、デジタルサイネージの導入自体を断念された方も多いのではないでしょうか。

 

 



これからの店頭モニター

クラウドという言葉はご存知でしょうか?
クラウド(cloud)は直訳すると、「雲」を意味する英単語です。インターネットなどのネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態のことです。
そのクラウドを活用し、PCによる一元管理で各店舗の店頭モニターに映像コンテンツの配信が可能な映像サイネージシステムです。

そして、そこにインタラクティブ性や、遠隔接客機能が加わるのがこれからの店頭モニターのあるべき姿と期待されています。

 

 

 

●クラウド型店頭モニター

 

 

おすすめは「クラモニ」!

そんなクラウド型店頭モニターのなかでもおすすめなのが「クラモニ」です。

ポイントは、かんたん、リーズナブル、そして拡張性です。

 

クラモニの社長によるご紹介動画

5分の映像で分かる!クラモニ「ベーシック」

 

 

クラモニの特長

 

今あるモニターをそのまま使える

検討はしてみたいけど以前導入した店頭モニターがある、という方も多いかと思います。

でもご安心、 “クラモニ”なら、今あるモニターがそのまま使えるんです。

気になる初期設定もかんたんで、クラモニSTBをHDMIケーブルをつなぐだけ、5分もあれば完了しそうですから、機械に弱い方にもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

ネットワーク回線はWi-Fiはもちろん、SIM通信対応!

さらに工事が一切不要な上に、店舗の入口でも店内でも、設置する場所を選びません。

また、SDカードにコンテンツを格納すれば、非通信型のメディアプレーヤーとして使用も可能です。

 

 

②ドラッグ&ドロップで即配信

クラモニの魅力は、使い勝手がよく、簡単にクラウド管理ができること。

静止画も動画も直感的な操作でかんたん配信出来てしまいます。

以前難しいシステムを使っていた私は、ドラッグ&ドロップで即配信できたときは感動でした。

他にも、Hedwigにアップデートしたコンテンツを使ってかんたんにプレイリストを作成可能なプレイリスト作成、新製品発表等の時間に合わせて再生開始!みたいに使える再生開始予約、クラモニSTBの再生状況をリアルタイムで確認できるリアルタイムウォッチ、法人やエリアなど特定拠点に同一動画を配信可能な店舗グルーピングなど、うれしい機能がいっぱいです!

 

 

③業界最安レベルの機器費用+工事は不要

クラモニSTBのお値段は、19,400円(税抜き)。SIM対応STBの市場価格は3万円前後だから、とってもリーズナブルだと思いませんか?

聞いてみると、ぜひ多くの方にかんたんで、使える、店頭モニターをお届けしたい!という思いが、この価格に反映されているそうですよ。

 

詳しい内容はこちらから

気になるランニングコストもシステム利用料1店舗あたり2,000 /月(10台まで)と長く続けやすい金額設定。

システム利用料は店舗単位だから、店舗内で何台でも増やせます。

たとえば、ある店舗で3台使用しても利用料は2,000円のまま、店舗内の入口・レジ横・壁面など店舗内のレイアウト毎や、商品A・商品Bなど売場のコーナー毎に使えるということです。

 

 



拡張性が魅力の「クラモニ」

店頭モニターとして、かんたんでリーズナブルな「クラモニ」をご紹介してきましたが、「クラモニ」は、これからの店頭モニターに期待される拡張性も魅力になっています。

 

AIカメラをつないでインタラクティブに!

 

“クラモニ”にAIカメラをつなげば、来店者属性を判断して、最適なコンテンツ再生やデータ蓄積に活用できるようになります。

いわゆるレコメンド(利用者の好みにあった物品やサービスを推薦すること)最適化を図れたり、時間別の属性データを蓄積

することで分析に活用できたりするようになります。

 

 

詳しい内容はこちらから

 



これからは店頭モニターで「遠隔接客」

 

「接客」業務をテレワークで!

ここまで店頭モニター“クラモニ”の説明をしてきましたが、今、求められる店頭モニターの使い方と言えばこれではないでしょうか?

そうです!「遠隔接客」への活用です。

売場に販売スタッフさんが立って商品特長のご説明や、お客様の質問に答える。

そんな当たり前の販促活動が突然困難な状況になってますよね。

お客様のためにも従業員、スタッフさんのためにも、より安全に、効率的に、遠隔で接客できるソリューションに大きな期待がかかっています。

それにお応えするのが“クラモニテレショッパー「えんかく」さん”なのです!

 

  • 数ヶ所を同時監視 & 遠隔接客(通話)できる

“クラモニテレショッパー「えんかく」さん”なら、お客様への声がけ、お客様からの問い合わせによる画面越しの接客が実現します。

その内容はこんな感じ!

 

 

 

①同時監視

スタジオからテレショッパーが複数ヶ所の状況を監視しています。

各店舗にお客様が来られているかモニタリングすることが可能です。

各店舗では指定映像が再生され必要に応じて呼び出しが可能であることを通知されます。

 

 

②呼び出し

店舗の端末の呼び出しボタン押すと、スタジオで確認、店舗を選択!

スタジオからの呼び出しもできます。

③通話

画面越しに接客・会話!お互いの顔を見ながらの会話はもちろん、

スタジオ側で用意してある資料や動画を画面に映すことも簡単にできるのが特徴です。

 

 



人件費や業務量の削減に

感染症対策のほかにも、人件費や業務量の削減など「遠隔接客」のメリットは今後ますます増えそうです。

“クラモニテレショッパー「えんかくさん」”は画面越しでもスムーズな接客ができるように工夫されたUIなどにも徹底したこだわりが感じられます。

さまざまな場所での「遠隔接客」にかなり使えそうです!

 

 

“クラモニテレショッパー「えんかくさん」”

 

 

詳しい内容はこちらから

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
従来の店頭モニターのわずらわしい手間をなくし、パソコンで一元管理できるオリジナルのクラウド配信型サイネージのメリットをご理解いただけましたでしょうか。

また“クラモニ”ならではの拡張性、レコメンド最適化やセンシング分析、そして遠隔接客などは、これから店頭モニターを導入しようと思っている方にとって、お勤めの会社にも紹介しやすい内容だと思います。

以上、これからの店頭モニターの新手法についてご紹介しました。

 


お問合せは下記まで
「うりばラボ」サポートセンター TEL: 06-6358-3301
受付時間:平日 午前10時00分~午後6時00分

※土曜・日曜・祝日、および夏季休暇期間(8/8~8/16)は、翌営業日以降のご対応となります。

おすすめの記事